スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
| スポンサードリンク | - | | - |
ウサギのように感覚を澄まして

 

あけましておめでとうございます。

2017年が始まりました。

 

今年はさぼりがちだったブログをまた少しずつ、無理なく書き始めようと思っています。

 

いまのテーマは「ぬけめない」。

じつは、夫から「おまえのちゃっかりとした抜け目ないところが気に入っている」といわれた。

 

ぬけめないとは、辞書によると、手落ちが準備不足がないこと。

とくに利益につながる物事についてしっかり準備されていること。

抜け目とは、油断と手抜かり。

それがないというのは素晴らしい褒め言葉である。

しかし、一方では、自分の利益のためだけに行動するという狡猾なイメージも拭えない。

 

しかし、そのマイナスイメージを私の中から一掃する出来事が2つ立て続けにあった。

 

1つ。

テレビで観た白フクロウのドキュメント番組。

ナレーションで、「この厳しい自然界を生き抜くためには、強いだけでは難しく、抜け目なさが非常に重要である」と。

わたしは、やはりな、と膝を打った。

 

2つ。

最近、シートン動物記にはまっており、名作『カランポーのオオカミ王 ロボ』につづいて、

『ワタオウサギの子どもの物語 ラギーラグ』を読んだ。

ここでウサギの抜け目なさが刻々とシートンによって綴られていた。

なにしろ、ウサギには武器がない。

あるのは俊敏な足と耳と抜け目なさ。

 

(以下抜粋)

敵から自分を守るには、なによりもまず、近づく敵を前もって知ることが大切です。それには、第一に自分の感覚をたいせつに、みがくこと。第二に、お母さんウサギのモリーの意見をよく聞くこと、そして第三にカケスの警戒の鳴き声にいつも注意すること、とラグは学びました。

 

ね? ビジネス書にも通じる素晴らしい教えでしょ。

今年は酉年ですが、ウサギのように耳を澄ませて感覚をたいせつに、みがこう。

これがわたしの今年の抱負でごわす。

 

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

あ、テーマは「からだ」でした。

わたしはいつもお正月には体調を崩します。

食べ過ぎ飲み過ぎには厳重注意したのですが、やはり新潟、秋田の大移動は堪えます。

熱を出し、弱っている前歯の歯茎がぷっくり腫れてしまいました。

 

くすんくすん。

 

からだは私の資本ですので、これからもますます大切にしていきたいと思います。

 

改めまして本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
| 日比野こと | からだ | 19:17 | - |
スポンサーサイト
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
| スポンサードリンク | - | 19:17 | - |