スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
| スポンサードリンク | - | | - |
将来の夢

 

先週日曜日、明治神宮の宝物殿まえにある芝生公園にピクニックに出かけました。

 

まず第一に、ピクニックという言葉の響きがたまらなく好きだ。

 

そして、アウトサイドで、地面の上で、風を感じながら食べるご飯がどれだけ素晴らしいか!

 

仲間たちと持ち寄りで集い、ある人はニースサラダ、ある人はおにぎり、ある人はデパ地下のお惣菜、

ある人は美味しいと評判のパン、

ある人は四谷で人気のタイ料理屋さんのパッタイ(焼きそばのようなもの)、

そして、ある人はウイスキーと氷とソーダ持参で目の前で「ハイボール」(ウイスキーのソーダ割り)を作ってくれて、

さながら青空の下の「極上バー」といった風情。

 

我が家は多摩川に近いため、よく河原に出かけるが、

そんじょそこらの公園や河原とは比較にならないくらいこの明治神宮の宝物殿まえにある芝生公園は気持ち良い。

どうやら「道に迷ったときに行くと道が開けるスピリチュアルな場所」らしく、

確かに何か迷いが吹っ飛んだ感は、ある。

 

集まった気のおけない仲間たちの一人で来年の夏までには遅くとも唐津でゲストハウスを営む計画を立てており、

みんなで行こう行こうと盛り上がり、

ベニスにまた行きたい!と盛り上がるやら、マカオのポルトガルレストランのおじいちゃん元気か見に行きたいなどなど、

とにかく将来の夢は広がるいっぽう。

 

またわざわざ電車に乗って出かけたい場所であるだけではなく、

道が開けて、

さらに夢が広がる場所。

 

キング牧師は「I have a dream.」と演説したが、

将来の夢を語るのは、子供よりもむしろ大人の特権ではないだろうか。

 

 

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
| 日比野こと | 幸せになる方法 | 11:40 | - |
よりよい生き方を選ぶ自由

 

巷でどんな本が売れているかによって、いまの世相がみえてくる。

いま移民の締め出しで大混乱に陥っているトランプ政権のアメリカでは、ジョージ・オーウェルの『1984』がアマゾンのベストセラーランキングで1位を獲得した。

ペンギンブックスは、7万5000部増刷したという。

 

では、いまの日本ではどんな本が売れているのだろう?

2016年の年間ベストセラーで私が気になったのは『置かれた場所で咲きなさい』ノートルダム清心学園理事長・渡辺和子◎著。

日販MARCの紹介によると「人はどんな境遇でも輝ける。置かれたところで自分らしく生きていれば、必ず“見守っていてくれる人がいる”という安心感が、波立つ心を鎮めてくれる…。読者の心に和らぎをもたらすメッセージ」とある。

 

さっそく読んでみると、心に響く。そして、心が潤う。

私にとって『1984』も『置かれ場場所で咲きなさい』も、どちらにも共通するテーマがあった。

それは自由。

絶対的管理社会下で自由を奪われた『1984』のディストピアの世界。

 

『置かれ場場所で咲きなさい』では、人はどんな場所でも幸せを見つけることができるというメッセージ。

渡辺和子さんが書く一連のエッセイには幾度となくヴィクター・フランクルの言葉が登場する。

ヴィクター・フランクルとはオーストリアの心理学者、精神学者で、第二次世界大戦中にユダヤ人であるがゆえにナチスによって強制収容所アウシュビッツに送られ、その経験を元に書いた『夜と霧』で有名だ。

 

ヴィクター・フランクルは言う。

 

どのような状況になろうとも
人間にはひとつだけ
自由が残されている。

それは
どう行動するかだ。

 

 

ヴィクター・フランクルは言う。

 

人間の自由とは

諸条件からの自由ではなく、

それら諸条件に対して自分のあり方を決める自由なのだ。

 

「諸条件に対して自分のあり方を決める自由」とはつまり、もし日常のことに置き換えるならば、忙しく時間に追われていて靴を揃えない自由もあるし、靴をちゃんと揃える自由もある。

あなたならどちらの自由を選びますか?

 

私たちにはどんな環境下であろうと、よりよい生き方を選ぶ自由がある。

私は日々のささやかなことでも、ベストチョイスではなく、よりよい生き方を選んでいきたいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
| 日比野こと | 幸せになる方法 | 10:35 | - |
わーっと私を泣かせた人

 

子供の頃、歯科衛生などという概念のまったくない家で育った私は虫歯が多く、

しょっちゅう虫歯の痛みに悩まされていた。

夏休みになると、毎日、歯医者に通い、おじいちゃんやおばあさんたちがたくさんいる待合室で、眠気にウツラウツラしながら自分の順番をずっっと一人で待ったものだ。

あれは辛かったなあ。

 

何しろ、ちゃんと歯を磨いていないし、

どう磨くのがいいのかやり方も知らないし、

通っていた歯医者ではブラッシング指導などもない。

これでは虫歯になってもやむを得ない。

だからこそいま、すごく歯を大切にしている。

歯のためにタバコまでやめたほどだ。

 

ある日の夕方、すでに虫歯治療した奥歯が痛くて痛くてたまらない。

治療したばかりなのに。

母親に言っても夕飯の支度で忙しくて相手にしてもらえず、

幼いわたしはたった一人で痛みと戦った。

 

「ただいま。」

そこへ父親が絶妙なタイミングで帰ってきた。

わたしは父親の顔を見た瞬間、わーっと泣き出してしまったのだ。

母親が、おやおやお父さんには甘えちゃって、そんなに痛くもないのに……といった反応を示したが、

わたしはわーっと泣いて父親の胸に飛び込んで、痛みがぶっ飛んでしまった。

そのあとのことはもう覚えていない。

 

なぜ母親の前では泣かなかったのだろう?

なぜ父親の顔を見てわーっと泣きだしたのだろう?

きっと、痛みと戦っていた自分のことを父なら受け止めてくれると思ったのだろう。

なんだかいまそれを思い出しただけでも涙が出てくる。

父は本当に優しい男だ。

 

なぜ長々と子供時代の思い出を語ったのか。

それは、今週、同じようにわーっと泣いてしまう自分が飛び出してきたからだ。

夏休み、認知症になった母親とそれを介護する父親を少しでも助けたいと子供たちを置いて帰省して、もう少し母が自立できるような支援と父親を助けることを娘としてできないものかと悶々としているときに、福祉のプロの友人と会ってランチをしたのだ。

 

状況については、わたしのブログを読んですでに理解してくれていた友人は、わたしの顔を見て一言「どうした?」と声をかけてくれた。

その言葉にわたしは、張りつめた糸がプチっと切れたようにわーっと泣き出してしまったのだ。

そんな自分に、「わたしけっこう頑張っていたんだ」「わたしけっこう辛かったんだ」ということに気づいた。

 

家に戻ってから、あ、これってあのときと一緒だ、と気づいた。

彼女の「どうした?」と、父親の「ただいま。」がダブった。

さすが彼女は福祉のプロ。このわたしを泣かせるなんて!(笑)

ランチをしながら、どういう介護プランがいいのか、だれに相談すると一番いいのか、いろいろ情報を提供してくれた。

 

介護は、本人は必死だからあまり気づきにくいが、体と心に大きな負担となってのしかかっているのだ。

わたしはたった1週間の滞在だったが、父は毎日、母と向き合っている。それは大変な負担だ。

なんとか父親のフォローをしたいと思う。

しかし、それにしても、秋田は遠いなあ。

 

 

 

 

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
| 日比野こと | 幸せになる方法 | 10:30 | - |
いつもハッピーなことに「触れる」大切さ

 

今年のお正月ぶりに会った母が、「あなた、だれ?」という反応を示した理由がすこし、わかってきた。

ひとは、しばらく触れないものはわすれていってしまうということ。

 

人生、これまで生きてきて、だれもみな素晴らしい思い出をもっている。

そのシーン、その瞬間を写真に納めて、いつでも見られるように、とくに人生に疲れを感じていたり、生きる目的を見失いそうになったときに勇気をもらうために、目の前に並べておければいいのだが、なかなかそうもいかない。

だからこそ、旅先で自分用のお土産を買ったり、写真をとったり、SNSに投稿したりするのだろう。

 

自分の人生の物語がつまったモノは、自分を勇気づけてくれる。

そう思って、母が入所している施設のお部屋に、家に飾ってあった写真立てを持ち込んだ。

飼っていた犬と一緒に母が写っている元気な頃の写真。

わたしが息子たちと一緒に写っている写真。

兄がスキューバダイビングしている写真。

いつもハッピーに触れて、母の脳を活性化してくれるといいな、と思う。

 

わたしもこれから、自分の人生の物語をカタチにしていきたいと思った。

そうしなければ、どんどん忘れて行ってしまう。

カメラが壊れてしまって以来、ipatで撮っていたが、もっともっと写真を撮りたくなった。

これまで仕事で写真に関わってきたが、「写真が持つ本来のパワー」を理解できたと思う。

 

今日は施設から母をはじめて連れ出してみる、という挑戦をする。

家の様子を見たら、早く帰りたいと思うかな?

はじめての外出。

さあ、挑戦だ。

母には、これからもずっと何かに挑戦させていきたいと思う。

 

口紅をひく。これも挑戦。

パジャマじゃなく、洋服を着る。これも挑戦。

施設で食べる夕食じゃなく、外へお寿司を食べに行く。これも挑戦。

小さな挑戦をつづけていこう。

 

 

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
| 日比野こと | 幸せになる方法 | 09:18 | - |
「やめる」ことに決めました。
わたくし、このたび「やめる」ことを宣言いたします。
なにを?
はい。
その答えは、「叱ること」です。

今週、次男の悪態に耐え切れずにブチ切れてしまいました。
そのあとからずっと自分自身の気分がすぐれず、ずっと落ち込んでいます。
なぜ気分がすぐれないのか?
それは「叱ること」「ブチ切れること」「怒ること」で、なにも物事は解決しないばかりか、自己嫌悪に陥るということ。
いま、わたし、こんな自分がすっかり嫌いです。

自分を好きにならなくては。
そんな落ち込んだわたしを救った言葉があります。
それは昨日、取材でお会いした椎名先生のお言葉でした。

もやもや迷っていたら「心を決める」。
それだけで心のエネルギーの消耗がなくなりますよ。

その言葉がお皿を洗っているときに、ふと、その思い出し、
「そうか。もう次男にブチ切れるのはやめよう!」
と心に決めました。
そう。決めたら、本当にそれだけでスッキリ!
迷ったり、もやもやしている気分って、本当に心を消耗します。

これは何にでも当てはまります。
「幸せな人を見ると、元気がなくなる」という人は、幸せな人を見ても「すてきね」と思うことに決める。
チョコレートを食べるのをやめられない人は、「やめる」と決める。
いじわるな人がいたら、「無関心でいる」と決める。

決めるだけでいいのです。

話は変わりますが、今月、保育園時代のママパパたちとの飲み会があります。
幹事と企画提案者は、いつもわたしともう1人のママ友ですが、締め切りを5月末に設定したのですが、なかなか参加の有無の連絡をくれない人がいます。
迷う気持ちはよくわかる。きっと迷う人の脳内は、
「行きたい気持ちもあるけど、面倒だなあ」とか、
「外食するとお金がかかるなあ」とか、
「その日、残業になったらどうしよう」とか、
「行かないと、みんなに悪いなあ」とか、
いろんなことをモヤモヤしているのだと思います。

このモヤモヤは明らかに心を消耗します。
だったら、「行く」と決めるか、「行かない」と決めれば、気持ちがスッキリします。



 
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
| 日比野こと | 幸せになる方法 | 11:03 | - |
優しさの意味、いよいよ解明される

ずっとここ何年も「優しさの意味」を考えつづけてきた。

そして、最近になって、ついにその答えがわかった。
子育てを始めて12年。長男がもうすぐ中学生。
いまさらながら「子育てに大切なのは優しさである」という結論に達したのだ。
これはまちがいない。

子育てには、厳しさが必要である。
もちろん甘やかしてはいけないのも、よくわかる。
しかし、子どもへの「愛」があれば、自然に人は優しくなるものである。
愛と甘やかす行為は、まったく別物である。

わたしが生きていて辛いとき、苦しいとき、それを乗り越える力をくれるのは、両親の愛である。
そして、だれかに優しくされた経験である。
愛され、優しくされたその経験こそが、どんなに折れそうになときでもわたしを支えてくれる。
優しくされた経験がある人は、強く、他人にたいしても優しくできる。
それが決定的にわかった瞬間がある。

それは、今回の味噌の会には、ガーナへの旅のために残念ながら参加できなったRちゃん。
彼女は、いつもうちの息子たちに「何、食べたい?」「おかわり?」「眠くなったね」と優しい言葉をかけれてくれ、あふれんばかりの優しさをあたえてくれる。
そうやって他人に優しくできる人は、愛されて、そして優しくされて育った人である。

彼女は、学生時代にテキサスに留学し、そこのホストファミリーにとても大切にされた経験をもつ。
そこでいただいた愛いっぱいのホスピタリティーを今度はべつのだれかにお返ししたいという。
そしていま、台湾の学生たちに日本語を教えるボランティアなどさまざまな活動をしている。

Rちゃんだけではない。
ここでは書ききれないほど、わたしはたくさんの人びとに支えれた経験をもつ。
ベトナム旅行で、子連れのわたしをいっぱい気づかってくれたツアーなかまのみなさん。
ファミリーサポートでうちの息子たちのオムツを替えたり、ご飯を食べさせてくれたサポート会員のみなさん。
ああ、書ききれません。

だから「お返ししたい」という気持ち、すごくすごくよくわかる。
右マヒをもつ長男のことで、どれだけたくさんの人の愛を受けてきたことか!
優しさをいただくと、「お返ししたい」という気持ちがあふれてきて、他人にも優しくなれる。

辛いとき、苦しいとき、それを乗り越える力をくれるのが優しさ。
息子たちもいずれ折れそうになるときがくるだろう。
そのときにわたしたち両親の愛やたくさんの人たちに優しくされた経験がきっと支えになる、と信じている。



 
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
| 日比野こと | 幸せになる方法 | 08:06 | - |
2016年の味噌作り
3/6(日)、恒例の味噌作りを開催しました。

たっぷりサイズのケンタッキーフライドチキンや材料をもちこんで南インド料理を作ってくれる友だち、
鯖寿司、ロールケーキ、手作りの牡蠣のオイル煮とパテなどなど、おいしいものがたんまりと集まり、
夜まで大いに盛り上がりました。

今年は日本語を勉強している台湾の学生も遊びに来てくれました。
おっと肝心の味噌作りの模様はこちら。

ああ、楽しかった。

完成。あとは熟成を待つのみ。

1年ぶりで会った翻訳家のSちゃんに、「去年より若くなったけど、どうして!!!?」と問い詰められた。
おそらく、ふりかえるに、老化を促進することを1つ1つやめてアンチエイジング大作戦を日々しているからかもしれない。
毎日ビールを飲むのをやめてポリフェノールたっぷりの赤ワインに変えたこと、
タバコをやめたて数年経つこと、油をすべてオリーブオイルに変えたこと、
毎朝のラジオ体操、ヨガ、そして毎朝の手作り味噌による味噌スープなどなど。

来年はさらに若返ってみなさんをお迎えしたいと思っております。
この味噌作り、ずっと続けていきたいと思っています。

 
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
| 日比野こと | 幸せになる方法 | 04:20 | - |
買い物の基準は「ときめき」のスパークジョイ!
 
先日の英語クラブは、ショッピングがテーマだった。
ある1人の40代の女性が、
「わたしは、この前、銀材界隈へ買い物へ車で出かけた。
買い物をするのに、9時間もかかった。
でも、結局、欲しいものが見つからず、何も買わずに駐車場代を無駄にした。
疲れた。」
と嘆いた。

あなたは何を探していたの?

と、わたしは質問するのをうっかり忘れた。
きっと彼女は、友達へのプレゼントとか洋服とか気に入った食器だのと答えるだろう。
しかし、彼女の本音をわたしが代わって答えよう。

あなたは何を探していたの?
ーーそれは、スパークジョイ!

スパーク・ジョイとは、
片付けコンサルタントのこんまり、こと、
近藤麻理恵さんの『人生がときめく片づけの魔法』の「ときめき」。

100万部超えるベストセラーになり、世界中でも出版され、
2015年、TIMEの「もっとも影響力のある100人」に選ばれた。
すごい!

片づけするうえで大切なのは「スパークジョイ(ときめき)」だという。
ときめかないものは、捨てる。

買い物もまったく同じである。
ときめかないものは、買わない。

つまり、9時間も銀座をウロウロして、ときめくものが何も見つからなかったから、買わない。
これは大正解!

わたしの買い物基準は、
「これを買ったら、どんな効果をわたし自身にもたらすのか?」

楽しくなる?
ラクになる?
キレイになった気になれる?
ときめく?
人生が変わる?
ずっと愛し続けられる?

答えが「YES!」なら、迷わず買おう。

さて、今週の英語クラブで、彼女に聞いてみようと思う。

あなたは何を探していたの?

どんな答えが返ってくるか、ちょっと楽しみ。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
| 日比野こと | 幸せになる方法 | 10:39 | - |
災害時に備えた水の確保
普段、みなさんはどんな水を使っていますか。
我が家は、水道水です。
料理も飲み水もすべて、水道水。

なぜなら、安くて安全だから!
水道水に定められたヒ素、ふっ素、ホウ素、亜鉛、マンガンなどの含有量は、ミネラルウォーターのほうが基準がゆるく、
ミネラルウォーターは水道水と比べ、ふっ素2・5倍、マンガン4倍、ヒ素、ホウ素、亜鉛5倍というびっくりするような数字が並びます。
水道水に塩素にしても、水を汲んで少しおくとすぐに揮発するので、問題はないそうです。

もしミネラルウォーターを飲むなら、国産がいい。
なぜなら、フードマイレージ(食品の輸送距離)を考えると、輸入のミネラルウォーターにかかる環境負担はかなり大きい。

ということで、「いざ」というときにも慌てないよう、
ふだんから「水の飲み方使い方」を工夫することにしました。

それが、これ↓です。
お酒を作るガラス瓶「SALUSドリンクサーバー」(6リットル入り)をゲットし、
毎日、これで水を飲んでいます。
水がとっても美味しく感じられます。
このサーバーは、国産なので、よくありがちな水漏れはいっさいないので安心です。

朝、起きたら、まず「朝の1杯!」。
ジョコビッチもやっている「朝の1杯!」を家族みんなが実践中。
災害時に備えた準備がこれでひとつ出来上がった。
ちょっとだけ安心しています。


☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
| 日比野こと | 幸せになる方法 | 09:52 | - |
楽しむことの本質、Have fun!
 
先週の英語勉強会で、
「今年の目標は? What is your resolution?」
と質問され、言葉がでなかった。
目標について、何も考えてなかったからだ。
 
その後、今年1年について、考えてみた。
すると、ふと頭に浮かんできたのが「楽しむ」という言葉。
最近、アスリートがよく使う言葉だ。
「楽しんでプレーします」など。
 
以前は、その言葉になんとなく違和感を感じていた。
しかし、やっとその意味が理解できるようになってきた。
 
仕事に行くとき、「面倒くさいなあ」と思わないだろうか。
スーパーに行くとき、「面倒くさいなあ」と思わないだろうか。
夕飯を作るとき、「面倒くさいなあ」と思わないだろうか。
出先から家に帰るとき、「子どもたちが待っているから、早く帰らなきゃ」と思わないだろうか。
洗濯物を干すとき、「早く終わらせなきゃ」と思わないだろうか。
 
「早く!」とか「面倒くさい!」という言葉が、わたしの思考の大部分を占めていることに、今更ながら気づいたのだ。
かっこ悪っ!
「早く」とか、「面倒くさい」とかではなく、
買い物に行くことを楽しむ、あるいは夕飯を作るのを楽しむ、
という思考に変えてみようと思った。
 
それが、アスリートがいうところの、「楽しむ」ということなのではないだろうか。
つまり、勝たなきゃとか、負けちゃだめとか、失敗したらどうしようという思考ではなく、
これまでがんばってきた自分を褒め、試合に臨める自分を喜び、
試合でプレーする瞬間瞬間の自分を「感じること」。
それが楽しむということなのではないだろうか。
もっと、すごくなると「無我の境地」に至るのだが。
 
未来でもなく過去でなく、「いま」という時間空間に存在している己を感じる。
そうすれば、高いパフォーマンスも発揮できる。
こんなことはメンタルトレーニングではすでに言われていることではあるが、
やっと自分自身に置き換えて考えられるようになった。
 
水泳選手の千葉すすさんの事件を御存知だろうか。
すずさんが、「オリンピックは楽しむつもりで出場した」とニュースステーションの衛星中継で発言して、
「真剣勝負で臨むべくオリンピックを楽しむとは何事か!!!」
という日本水泳界の重鎮の怒りを買った。
1999年にすずさんが復帰したとき、「楽しむ」という言葉が尾をひき、好成績だったにもかかわらず、シドニー五輪代表から外された。
それを不服に思ったすずさんは、スポーツ仲裁裁判所へ提訴し、日本水泳連盟側が選考基準のあいまいさを認めた・・・という経緯。

あれから月日が流れ、スポーツのメンタルトレーニングの手法で「楽しむ」という言葉が使われ始めている。
楽しむという気持ちがあれば、緊張がほぐれ、高いパフォーマンスを発揮できるという考え方だ。
さて、わたしの今年の目標。
「楽しむ!」
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
| 日比野こと | 幸せになる方法 | 20:51 | - |