スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
| スポンサードリンク | - | | - |
秋田のりんごでタルトタタン
リンゴが秋田から届いた。
facebookで繋がった高校時代の同級生の実家のリンゴ農家さんに毎年、お願いしている。
秋田のリンゴは、酸味と甘みのバランスが絶妙で、なにより歯応えがいい。
これまで八百屋さんや高級スーパーなど、至るところでリンゴを買ってみたが、これに勝るものはない。
ご近所さんにもお配りする。

そのままかぶりつくのが最高だが、リンゴといえば「タルトタタン」!
今回は赤ワインも入れて、ちょっと大人のタルトタタンを作ってみた。
あとは上からパイ生地をかぶせてオーブンで焼く。
部屋中がバターやらリンゴやらシナモンのいい香りが溢れ、えもいわれぬ幸福感に包まれる。

幸せだなあ。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
| 日比野こと | 食べる | 14:33 | - |
はじめての蕎麦打ち体験
 
うちの湯沢の実家からちょっと足を伸ばして西馬音内まで行くと、とても美味しい蕎麦が食べられる。
しかし、母親はスーパーで売っているすでに茹でられた「ゆでそば」(湯沢では生そば・きそばと言っていた)しか食べさせてくれなかったので、私は不味い蕎麦しか知らずに子供時代を過ごした。
おかげで蕎麦は美味しくないものだと思っていた。

ところが、大人になって東京に出て、私は自分の浅はかさを思い知った。
東京には美味しい蕎麦がたくさんある。
蕎麦という食べ物はなんと美味しいのだろう!と驚いた。
以来、すっかり蕎麦好きに転じ、いつか蕎麦屋で、卵焼きや天婦羅、味噌田楽、銀杏などを肴に日本酒を飲む、そんな夕暮れに憧れている。

しかし、美味しい蕎麦は高い。どうしたらいいだろう?

「そうだ、蕎麦を自分で打てばいいのだ!」
なぜいままでそのことに気づかなかったのだろう。

調べたところ歩いで3分ほどの岩戸地域センターで月に2回「元祖蕎麦打迷人会」という教室がある。すぐに参加申し込みし、すぐに打ちに行った。
 
 こねる。
 
 のばす。
 
 切る。
 
 
 700g、約8人前ほどの蕎麦が完成。
 
 喉越し爽やかな二八蕎麦が完成。子どもたちの箸が止まらない。
 
 打って食べて2000円。
 これまで食べたどの老舗有名店にも負けない蕎麦である。
 また打ちに行こうと思っている。
 







☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
| 日比野こと | 食べる | 11:40 | - |
今日の我が家のサラダバー
 
今日の我が家のサラダバーはこれ!
きゅうり、いんげん、豆、わかめ、レンコン・ごぼう・にんじん・鶏肉の炒め物。
あとは夕飯時に魚を焼くだけ。

昨日は次男とその友だちの子どもたちと一緒に、とある広告媒体のための撮影に行ってきた。
なんの広告?
それはまた追ってご報告します!
目黒のハウススタジオにて。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
| 日比野こと | 食べる | 11:25 | - |
ドカ食いしたい時ってありませんか?

ドカ食いしたい時ってありませんか?
わたしは、排卵期にそれがやってきます。

もう更年期と言われる年齢になると、いろいろな不都合が生じてきます。
たとえばこの排卵期、脳からは卵巣に「エストロゲンを出せ」という命令が出されるのですが、卵巣がその命令どおりに動けないため脳がパニックをおこします。

そのパニックの1つがホットフラッシュ(のぼせ)など。
わたしの場合は、排卵期を過ぎて生理前は、イライラ、落ち着かない、便秘、食欲増進などが一挙に押し寄せ、子供や旦那にイライラをぶつけます。
まさに月経前症候群(PMS)という症候群です。
ちょっとしたミスにも厳しくなるので、きっとこういうのを「家事ハラ」なんていわれちゃんでしょうね。

ドカ食いしたい衝動に襲われた時の「お守り」のような食材が、豆腐。
この時期になると、豆が非常に食べたくなり、豆もやしを見ると買わずにはおれない。
それから、小豆、アーモンド、黒ごま、ネギ、キムチ、ニンニク、唐辛子などを無償に欲する。

どうやら月経前症候群に有効な栄養素がビタミンB6。
幸せホルモンとも呼ばれるセロトニンの成分でもある。
ビタミンB6は、食事でとったタンパク質をアミノ酸に分解して、体で作るためのタンパク質に再合成されるのを手助けする。調べてみると、ニンニクや唐辛子は飛び抜けてビタミンB6含有量が高い。

そんなこんなで、今朝はみんなでサラダの山盛り朝食。

パパのお弁当にもサラダがたっぷり!

これから先、まだまだ長い人生。家族みんなで健康に過ごすための食事作りは、主婦の一大大仕事。

イライラのピークは越え、今日は少し落ち着きました。
ほっ。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
| 日比野こと | 食べる | 09:38 | - |
自家製サラダーバー食べ放題でダイエット
やばいことに、長男はわたしに似て食べることが大好きだ。
しかも、やばいことに、パパに似て体型がドラえもんそっくり。
卓球を始めたこともあり、膝への負担を軽減させるため、少し体脂肪率と体重を落とすことにした。

まずは、ダイエットの王道をおさらいしよう。

1)食前に水をコップ2杯飲む(副交感神経にスイッチが入る)

2)サラダから食べる(脂質の吸収を抑えるはたらきがある)

3)サラダの次にスープを飲む(胃を温めて満腹感を増加させる)

4)なるべくゆっくり食べる(満腹中枢が満腹をキャッチするまで時差がある)

以上。


これはお友だちから教えてもらったやり方だが、効果てきめん!
さあ、あとは実践あるのみ。

子供が筋トレをやり過ぎると身長が伸びにくくなるとか、
子供のダイエットは体に良くないとか、いろいろあるが、
うちの息子の場合はなにせ身長が150cm、体重62Kg、体脂肪率が46%。
体の半分は脂肪ではないか! これは落とさねば。

始めて2週間。
体重は、マイナス3Kg。
体脂肪率マイナス5%。
すぐに効果が現れた。しかも、いっしょにその食事スタイルにしたわたしまで体重が減ったのだ。

まず、息子の炭水化物の摂取量が自然に減った。
いままでご飯をどんぶり2杯食べていたのが、茶碗1杯に減ったのだ。
食後、いままでもっと食べたいといつも不満をもらしていた息子からの「ご飯がすくない! もっとおかずを!!」というクレームが減った。

食費は減るわ、ヘルシーだわで、いいことづくめ。

1つ、あると便利なお勧めアイテムを紹介したい。
それは、「スライサー」。千切り用、つま切り用。この2つがあれば、百万力。
大根、人参、山芋、きゅうり、キャベツなどなど、とにかく切ってタッパーにいれておけば、いつでも食前サラダバーの食べ放題。
味付けは、塩やオリーブオイル、ポン酢、ごま油、ラー油、ヨーグルトなどを、その日の気分でサラダに直接かける。


オススメです。








☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
| 日比野こと | 食べる | 09:29 | - |
スパイスってキレイ

カルダモン、チリ、クミンパウダー、ターメリック、まるで秋色な美しいスパイスたち。

これで作ったキーマカレーは最高に美味しかった。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
| 日比野こと | 食べる | 15:27 | - |
味噌が完成

今年、3月に仕込んだ味噌がいい感じに仕上がった。
麹を多めに使った甘めの味でまじ美味しい!

いつもお世話になっているご近所さんに配り、
味噌自慢。

実は大豆は私の救世主。
就職してすぐの頃、過食症になり、食べては吐きしている時、なんとかその地獄から逃れたいと思ってたまたま読んだダイエット本のオススメが大豆だった。

大豆は、いい。
実にいい。


☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
| 日比野こと | 食べる | 17:45 | - |
かぼちゃのその後
先日丸ごと頂いたカボチャを砂糖、塩、みりん、しょうゆで味付けし、素敵なお惣菜が出来上がった。



カボチャ1個は食べきれないので、1/4は同じマンションのママへおすそ分け。
それぞれ煮上がった時にお互いのものを交換し合い、お互いの味付けを品評しあう。
そこのお家の味付けはかつお節をからめた超和風な味わい。
美味しい!
「これぞおふくろの味!」

人が作った料理って、なんでこんなに美味しんだろうか。
幸せを感じる。

お弁当に入れ、


ファミサポで夕方の預かるお子さんの軽食にし、

姿を変えてみんなに幸せが広がっていく。
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
| 日比野こと | 食べる | 10:07 | - |
日本で異国体験
1年に1回ほど会う友人がいる。

2人で昼からビールに焼き肉。
新大久保でもナンバー1人気の「おんどる」というお店でサムギョプサルを食べた。

彼女は、わたしと同じように不妊治療の末に第一子を授かった元同僚で、上司に「提出書類はまだか!」と幾度となく急かされながらも「いま出来ましたー!」と威勢よく答え、しまいに「お前は蕎麦屋か!」と呆れられたツワモノである。

実は彼女は正真正銘の蕎麦屋の娘である。客からの出前の催促電話に「いま出ましたあー!」と答えるのが常套句のサービスだ。

新大久保にはイスラム横丁があり面白いスパイスや、スーパーで買うとメチャメチャ高いものが驚きの値段で売られている。

これが昨日の収穫物。

パパドゥ100円、レンズ豆1kg280円、クミンシード200円!

ついでに韓国食材を売るスーパーにも行って彼女が勧める食材をゲット!

辛ラーメンを知らないと言ったら「人生の半分を損している」と嘆かれ試しに購入してみた。

昔から付き合いのある友人って、気取らずに話せてなんだかホッとする。そんな友人持てて幸せに思う。

「相変わらずモテモテですか?」と聞かれたので、オフコース!と答えた。仕事がおかげさまで途切れずモテモテ状態で生きている。

パパドゥは揚げるのが一般的だが、ジェイミー・オリバーがレンチンでやっていたのを見て、真似している。えびせんも同様にいける。


またサムギョプサル、食べたいな。


☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
| 日比野こと | 食べる | 08:38 | - |
幸せを熟成中。
梅雨前のいまの時期は、楽しいことがたくさんある。

我が家の「蔵」と呼んでいる玄関。
味噌、梅ジュース、梅酒、梅干し、ぬか漬け、ラッキョウがすくすくと熟成中。
戸を閉めると真っ暗になる最高の蔵。

6月は、祝日もなく、ジメジメとして、楽しいことが何にもないようにも思える時期でもある。
しかし逆に言えば、落ち着いて何かにじっくりと取り組める素晴らしい時期でもある.....と考えるようにしている。

だから私の6月は忙しい。
梅を様々な用途に仕込む。
カキ氷用シロップに梅ジュース、お弁当用に小梅、義母の大好物の赤シソ梅干し。

この催しは、次男が生まれてから始めた。
次男の出産を機に勤めていた会社を辞め、急に暇になって、不安で不安でたまらなかった時、「熟成」していくことの喜びが私を救ってくれたのだ。

梅干しづくり、梅ジュースづくり、味噌づくり、ラッキョウづくり。
最初は、かびが生えないかとか、ちゃんと出来るのかとか、いろんな不安があったが、始めるコツ、まずは安くて美味しそうな梅ちゃんを見つけたら、とにかくゲットすること!
どんどん梅が追熟していくので、あとはもう仕込むしかない。

最近、素敵な言葉と出合った。
それが「泥縄式」。
泥棒を捕まえてから縛るための縄をなうこと。

京セラの稲盛氏は、そのやり方で世界一になったと言っていた。在庫を持たない賢いやり方だと。
戦略的長期プランよりも、目の前の約束した製品を作るために必死に一日を過ごした、と。

やりたいことを泥縄式で始める。
そして、気づいたら美味しい梅が熟成していた。
そんな人生が理想である。



☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
| 日比野こと | 食べる | 09:16 | - |