4/1弁当づくり再スタート!
ひさびさに、本格的な弁当づくりがスタート。
息子が今日から「小学生クラブ」へ。
家族そろって、入会式に参加しました。
そして、学校の給食が始まるまで、ママ弁当が続きます。

さて、本日の弁当。
DSC02079.JPG
ドライカレー、彩りに枝豆、昨日の残りのポテトサラダにパン粉をまぶしてオーブンで焼いた揚げないコロッケ、ほうれん草のソテー、玉子焼き。

チビの新しい保育園での慣らし保育。
兄ちゃんの卒園と入学。
そして学童のスタート。

なにからなにまで、新しいことづくし。
息子たちも緊張しているだろうが、ママもそれなりに緊張している。
なんせ、すべてがはじめてづくし。

……が、ふと隣りを見ると、パパの緊張した横顔が!
いちばん緊張しているのは、パパのようです。
どうやら自分の小学校入学を思いだし、
不安な気持ちがよみがえってきた模様。

息子は弁当をぺろりと平らげ、パパの不安をよそに
じつに満足げな顔をして帰ってきた。
そんな様子を見ているのがママの幸せです。
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
| | 弁当 | 22:52 | - |
ここ最近の弁当、4連発
続いています、弁当。

わざと、食材をハンパに残す。
パンパものは、想像力を非常にかき立てる。

朝、冷蔵庫を開ける。
冷凍庫も、一緒に中身を確認する。

ベーコン1枚、鶏肉ひと切れ、アスパラ3本、
ひき肉50g、じゃがいも1個などなど。

いつも家にあるカレー粉、小麦粉、塩こしょう、バジルペースト、バター、
しょうゆ、粒マスタードなどなど、
無限の組み合わせがある。

今日はどんな弁当にするか!?
ほんの短い時間で、
プレッシャーを感じながら、
とりかかる。
それが結構楽しい。



090601弁当.JPG
これは豚バラかたまり肉とゆで卵を甘辛く煮た弁当。
となりはファミサポへ預けたときの、チビの弁当。なぜかヤツはベジタリアン。


090603弁当.JPG
これは豚ロース薄切り肉を塩こしょうで味つけした弁当。



090604弁当.JPG
パサパサした秋鮭を甘辛く照り焼きにしてごまをふった弁当。



090610弁当.JPG
フライドエッグ、じゃがいものジェノベーゼ(バジルペースト)、たらのムニエル弁当。
たらのムニエルはサンドイッチにも合う。

弁当は楽しい。
昨晩は、息子たちと弁当夕飯。
朝パパに作ったおかず、
昼ごはんのときついでに作ったおかず、
パンパのつけものなどをいろいろギュウギュウ詰める。

弁当はいろんな味が影響し合って、
さながら箱の中で食材が奏でる交響曲!
アルミカップで仕切りを作るのをやめたら、とたんに幅が広がった。

弁当。
赤、緑、黄という色でスーパーの食材を見る。
それが結果、バランスのとれた食事になる。

おすすめです。
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
| | 弁当 | 09:58 | - |
フィッシュサンド
弁当がつづいている。
今日は自分で焼いた、くるみパンで作るフィッシュサンド。

090514弁当.JPG

鮭とサバを焼いて、キャベツの千切りをのせ、
マヨネーズ、ソースで味つけをして、はさむ。

フィッシュサンドは、美味い。
ファーストフード店ではおなじみのフィッシュサンドだが、
揚げずにただ焼いた魚をはさんでも、かなり美味い。

通常は、あとで魚グリルを洗うのが面倒なので、
フライパンに油をしいて焼くが、今日はグリル。
なぜなら、いま、家に油がない。

先週、オリーブオイルのボトルを
手を滑らせて割ってしまった。
はっ! 
と思った。
はっ、は、
うっかり手をすべらせた、はっ、ではなく、
はっ、そろそろマジで換気扇を掃除しないとやばいな、
という、はっ、だ。

ずっとやろうやろうと思いつつ、目をつぶってきたが、
もうどうやらダメらしい。

換気扇の掃除はかなり面倒である。
なにがいちばん面倒かと言えば、
洗剤を落とす作業。
洗っても洗っても、なかなか泡切れが悪い。

でも、昨日は重曹でやってみた。
取り外せる部品は取り外し、普通の食器洗い洗剤で洗う。
そして、壁まわりを重曹でこする。

重曹でやると、うそのように面倒な泡泡がでず、
さっとこすって、さっと水拭きで済む。
しかも、古布があれば、そのままポイ。
あれ? 意外とラクじゃん。

来週、生協さんから油が届く。
それまで、家にあるのはゴマ油だけ。
もつか? 
なんとかそれまでは油抜きクッキングでしのいでみよう。

ついでにベランダもお掃除。
たくさんある植木からは、葉っぱが落ち、ちょっと放っておくと
ベランダはゴミだらけ。

なんでここまで放っておいたのか。
なぜコマメに掃除しないのだろう。
と、キレイになってしまえば、放っておいた自分がアホに見える。

出先で会う手入れの行き届いたお庭やお家は気持ちいい。
気持ちいいことをやる。
きっとそれも、自分のため、自分を豊かにするための方法だ。
忙しいとそれどころではない。
これがひと段落したら……。
そう思っているうちに、どんどん汚れていく。

いま、せっせと貯金中。
貯めているのは、もちろんお金じゃなくて、自分を豊かにするための何か。

今日は、おじいちゃんが作った山芋をすりおろして冷凍保存した。
山芋は、家族みんな大好きだが、すりおろすのが非常に面倒。
冷凍保存したのは、山芋だが、
次に食べる時は、さっと解凍して、さっと食べられる。
時間と手間も一緒に冷凍保存。

今年はいろんなものを保存しておくつもりだ。
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
| | 弁当 | 11:58 | - |
みそ照り焼き弁当と気づき
090513弁当.JPG

パパの大好物の万能ソースがある。
それは「みそだれ」。

みそ1、しょうゆ1、みりん2の割合に、
砂糖をお好みの分量で混ぜ合わせる。
こんがりと焼きあがった肉にジュッとからめて照り焼きにする。

このみそだれは、鶏肉、豚肉、野菜など、
どんな素材とも合う。

今日の弁当は、鶏をこんがりと焼き、
空いたスペースでキャベツをてんこもりに一緒に焼き、
ついでに目玉焼きまで作ってしまうというヤミー流。
1つのフライパンで、同時に何品も作るのは、
洗い物や手間や時間など、すべてをシンプルにしてくれる。

シンプル イズ ベスト。

物事は複雑にしない。
複雑にしないコツは、
自分を俯瞰(ふかん)すること。

「あれれ? なにそんなに焦っているの、私ったら」
という目を持つこと。
焦っている自分自身は、なにも変わらないけど、
そんな自分を把握する。
それだけで、ずいぶん違うものだ。

いま久々に『聖なる予言』(角川文庫)を読んでいる。
そこで、
「人生で難しいことは答えを得ることではない。
自分の現在の問題を認識することである」
と言う。
たしかに。
シンプルに生きるのは、結構レベルが高い。

この小説は、
南アメリカで意識のルネッサンスが起こるという人類の知恵が書かれた写本が発見され、
その九つの知恵を探しに主人公がペルーへ出かけ、
ひとつひとつ気づいていくという話。

第一の知恵は、偶然の一致には意味があるということに気づく。

第二の知恵は、物質的なことに一生懸命だった自分に気づく。

第三の知恵は、宇宙は、「自分がどう考えるか」に反応することに気づく。

第四の知恵は、他人を攻撃することでエネルギーを他人から奪うのではなく、
心を開けば宇宙は私たちが必要なものをすべてを与えてくれることに気づく。

第五の知恵は、いつも宇宙につなっているためには、
無意識にうちに相手のエネルギーを奪おうとする(他人をコントロールする)
自分の無意識のクセを知る。
脅迫者、尋問者、傍観者、被害者の4つのパターンがあり
自分はそのいずれかに気づく。

……と続く。
気づくこと。

あっ、たしかに。
と気づく。
ブログを書きながら、いつも気づかされていることに今、気づいた。
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
| | 弁当 | 11:45 | - |
オムライス弁当
090512弁当.JPG

この春から、パパのお昼ご飯はお弁当。
そして、今日は息子の遠足。
ふたりとも大好きなケチャップたっぷりのオムライス。
横ちょにあるのが、タンドリー風チキン。
定番のちくわキュウリ。
(あ、ベランダの菜園でキュウリができれば買わなくてもいい!)

買い物に行った時、
とくに弁当用に何かを買ったりはしない。
ちょっとだけ「弁当」を意識する。
だから、食費が増えた感じがしない。
なんだか、すごく得した気分である。

ちょっとだけ早起きして、
子供たちの朝ごはんといっしょに弁当を作り、
自分のぶんと、チビすけのぶんもお弁当を作って、
お昼にピクニック気分でふたり食べる。
気が向けばそのまま弁当を持ち出して、
河原で本物のピクニックも可。

余裕があれば、夕飯のおかずの仕込みもする。
台所で何度も何度も切ったり洗ったりしなくていいのが
すごくラクである。
弁当。
なんと素晴らしい食事ではないか!

作り方は、
まずはトマトライス。

玉ねぎ……1個(みじんぎり)
ウインナー……5本(薄切り)
トマトジュース……3/4カップ
コンソメ……1個

これをレンジ(500w)で8分ほど加熱。

温かいご飯2合ほど混ぜ合わせ、バターを大さじ1加え、
ラップをしてしばらく蒸らしてから、弁当箱につめる。

その間に卵を焼く。
卵3個に塩こしょう、粉チーズを入れて混ぜ合わせ、
薄焼き卵を作り、
トマトライスの上にのせ、ケチャップをたっぷりかけてできあがり!

「どう? おいしい? どう?」
と、よく母親が食べる前から何度もしつこく聞いたのを思い出す。
「まだ食べてないよ!」
と怒った自分を思い出す。

そうなのだ。
「おいしい」
という声が聞きたいのだ。
今ならわかる。
家族みんなに、
「どう? おいしい? どう?」
としつこく聞く自分が、母の姿と重なる。

今日はどんな顔でお弁当を持って帰ってくるのかな?
この楽しみは、
だれかのためにちょっとだけ早起きして弁当を作った者にしか味わえない
最高の楽しみである。
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ケータイ・パソコン・スマートフォンで読む電子書籍
恋愛小説 スイーツ文庫
http://sweetsbunko.jp/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
| | 弁当 | 10:13 | - |